2018年

5月

22日

「島根原発3号機の稼働は許さない!」県政報告会を開催します

 中国電力は5月22日、島根県と松江市に対し、島根原発3号機の稼働に向けて「事前了解願い」を申し入れました。3号機が稼働すれば、今後100年近く原発が島根に存在することになり、絶対に許されません。日本共産党は、島根原発2・3号機の稼働は認めず、「原発ゼロ」の決断を求めます。

 報告会では、原発をめぐる情勢を中心に県政の様子をお話します。みなさんのご参加をお待ちしています。

 

と き:6月16日(土)午前10時~

ところ:ビックハート出雲・黒のスタジオ

 

0 コメント

2018年

4月

18日

7月15日午後2時より演説会を開催します

 笠井あきら衆院議員(党政策委員長)を迎えて、日本共産党演説会を開催します。ぜひご参加ください。

 

と き:7月15日(日)午後2時~

ところ:出雲朱鷺(とき)会館

0 コメント

2018年

6月

16日

県政・市政報告会を開きました

 日本共産党の大国陽介県議と後藤由美・出雲市議は市内で県政・市政報告会を開きました。

 6月県議会・市議会では、中国電力・島根原発3号機の新規稼働の入り口となる適合性確認審査申請に係る「事前了解」の可否判断が求められ、大国県議、後藤市議は了承を許さないたたかいなどについて報告しました。

 大国県議は、中電が原発稼働を推進しようとする背景には、電力会社の利潤追求と原発を重要なベースロード電源と位置づける国の「エネルギー基本計画」があると指摘。「参院選で自民・公明の与党などを少数に追い込み、エネルギー基本計画を撤回させよう」と訴えました。

 後藤市議は14日の市議会一般質問で、原発に関する市民アンケートを行うよう長岡秀人市長に要求したことを報告。市長は答弁で「多くの意見があることは承知しているが、実施する予定はない」と答弁したことを紹介しました。

 参加者は「核と原発はよくないと思って活動を続けてきた。原発をなくすために運動を強めていきたい」と話しました。

0 コメント

2018年

6月

06日

県原発安全対策協議会で発言

 県原発周辺環境安全対策協議会(会長・溝口善兵衛知事)が開かれ、県議や各種団体の代表らが新規稼働が狙われている3号機や2号機のダクトの腐食問題の概要などについて中国電力の説明を受けました。
 意見陳述で、日本共産党の尾村利成、大国陽介の両県議は「原発は莫大な放射性物質(死の灰)を抱えているが、どんな事態が起きても閉じ込めておく技術は存在しない」とのべ、県民は原発の稼働を望んでいないと強調しました。

0 コメント

2018年

6月

05日

原発ゼロの決断求め、出雲市長、議長に申し入れ

 日本共産党出雲市委員会は、島根原発2号機と3号機の稼働中止を県に求めるよう長岡秀人市長と福代秀洋市議会議長に申し入れました。

 大国陽介県議、後藤由美市議ら4人が要請しました。

 申し入れでは他に、▽新規稼働に向けた3号機の適合性確認審査申請の事前了解に反対▽原発立地自治体と同様の安全協定の締結▽実効性のある避難計画と市民への周知徹底▽再生可能エネルギーの推進―などを求めました。

0 コメント

2018年

5月

20日

江津市議選で党2議席必勝を

 5月20日、江津市議選(定数16)が告示されました。17人が立候補する少数激戦です。

 大国陽介県議は、森川よしひで候補(現職)の第一声に駆けつけ、応援演説のマイクを握りました。

 日本共産党は森川よしひで、多田伸治両市議候補の勝利に向けて全力を挙げます。

0 コメント

2018年

5月

18日

「原発ゼロ」決断を求めて県へ申し入れ

 日本共産党県議団は、中国電力が16日に島根原発3号機(出力137万3千kW)の新規稼働をすすめるため、原子力規制員会への適合性確認審査申請の事前了解願いを22日に県と松江市に申し入れると公表したことを受け、溝口善兵衛知事に対し、「原発ゼロ」を決断するよう要請しました。松江、出雲、雲南の各市議ら8人が「島根原発2号機の再稼働はもとより、3号機の新規稼働など論外だ」と迫りました。

 大国陽介県議は「原発稼働のプロセスとなる3号機の事前了解願いは受け付けず、了承すべきではない」と強調しました。

 山口和志防災部長は「(事前了解願いについて)2号機と同様に、県議会や住民の方々の意見をよく聞いて対応したい」と答えました。

 要請では、周辺自治体が求めている立地自治体並みの安全協定締結に向け、県として同協定第12条の「適切措置要求権」を発動するなど積極的なイニシアチブを発揮することも求めました。

0 コメント

2018年

2月

28日

格差と貧困をただす県政の役割、子どもの医療費助成、無期転換ルール、中海の漁業振興、高校生への支援、夜間中学の設置などをテーマに質問に立ちました

2月28日、県議会2月定例会の一般質問に立ち、「格差と貧困をただす県政の責任と役割」「憲法25条に基づく県民の生活保障」「子どもの医療費助成」「改正労働契約法に基く無期転換ルール」「中海の漁業振興と島根ブランド」「高校進学時と在学中の経済的支援」「夜間中学校の設置」をテーマに県の姿勢をただしました。

 

※島根県議会のホームページより録画がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

2017年

12月

01日

保育士の処遇改善、育休中の子どもの保育、学校エアコンの設置、地域の再生などをテーマに質問

12月1日、開会中の県議会11月定例会で一問一答質問に立ち、「保育士の処遇改善」「育休中の子どもの保育」「学校エアコンの設置促進」「学校の存続と地域の再生」をテーマに論戦しました。

 

※島根県議会のホームページより録画がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

2017年

9月

14日

平和をめぐる諸問題、高レベル放射性廃棄物の最終処分地、コメ政策と島根農業、中小企業支援、学校部活動をテーマに質問

9月14日、県議会9月定例会本会議にて一般質問に立ち、「平和をめぐる諸問題」「高レベル放射性廃棄物の最終処分地」「コメ政策と島根農業」「中小企業支援」「中学・高校の部活動」をテーマに知事はじめ県当局の姿勢を質しました。

 

 ※島根県議会のホームページより録画がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

2017年

6月

27日

「介護保険の利用者負担」「全国学力テストの事前対策」「地域公共交通・JR三江線」「保育所待機児童」「子どもの医療費助成」をテーマに質問に立ちました。

6月27日、県議会本会議にて一問一答質問に立ち、「介護保険の利用者負担」「全国学力テストの事前対策」「地域公共交通・JR三江線」「保育所待機児童」「子どもの医療費助成」をテーマに知事はじめ執行部の姿勢を質しました。

 

※島根県議会のホームページより録画がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

過去の記事一覧

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ