2018年

12月

08日

「県政報告&要望を聞く会」のご案内

島根県議会11月定例会が11月19日から開会されています。

溝口善兵衛知事は、開会日に、今季限りで退任し、次の知事選には立候補しないことを表明しました。来春の県知事・県議選は、安倍政権いいなりの自民・公明県政を変えるチャンスです。

松江・出雲で開催する「県政報告&県政要望を聞く会」では、日本共産党県議団の尾村利成、大国陽介の両議員が県政の様子を報告するとともに、ご参加のみなさんから県政に対するご要望をお聞かせいただければと考えています。

みなさまのご参加お待ちしています!

 

松江会場/12月14日(金)18時30分~ 島根県民会館307会議室

出雲会場/12月15日(土)10時~ ビッグハート出雲・茶のスタジオ

(参加無料)

主催/日本共産党島根県議団

お問い合わせ先/日本共産党島根県委員会(0852-24-2444)

0 コメント

2018年

11月

14日

島根原発稼働中止など求めて政府交渉

 日本共産党島根県委員会は13日から14日にかけて国会内で政府交渉し、10省庁に43項目の県民要求を申し入れました。党県議団をはじめ13人の地方議員が参加しました。仁比そうへい参院議員、大平喜信前衆院議員福住ひでゆき参院鳥取・島根選挙区予定候補候補が同席しました。

 島根原発の問題では、原子力規制委員会、経済産業省に対し、島根原発の稼動を断念するとともに、同原発近くにある宍道断層と鳥取沖西部・東部断層との連動性や山陰の地下に存在する「ひずみ集中帯」との連続性・連動性の徹底調査を要求。担当者は「適正・厳格に審査をすすめる」と答えました。参加者は「県民の多数は原発稼動を望んでいない」「周辺自治体が求めている立地自治体並みの安全協定の締結に向けて、国が調整の前面に立つべきだ」と強調しました。

 内閣府、国土交通省には、▽7月の豪雨で被害を受けた江の川流域の防災対策をはじめ、土砂災害や河川改修など防災・減災事業を最優先に取り組むこと▽被災者生活再建支援法の対象拡大や支援額の引き上げーなどを求めました。

 このほか、子育て支援の充実などを厚生労働省、全国学力テストの中止を文部科学省、農業再生を農林水産省などにそれぞれ要請しました。

0 コメント

2018年

11月

11日

出雲市内の農業者と懇談

 大国陽介県議は7日と11日、出雲市内の農家や農産物加工会社などを訪ね、懇談しました。

 安倍政権はTPPの強行や企業の農地参入、種子法の廃止など、農業者の声には耳を貸さず、目先の利益を第一とする財界の言うままに、農業つぶしの暴走を続けています。

 5年前に兵庫県からIターンした柿農家の男性は「販路開拓など新規就農者ならではの苦労がある。行政が主催するIUターン者のネットワーク会議があるが、生産に追われ、参加できない人が多い。情報交流できる場があれば」などと語ってくれました。

0 コメント

2018年

11月

06日

全県地方議員会議で県政報告

 日本共産党島根県委員会は6日、大田市で全県議員団会議を開きました。地方議員、機関役員ら26名が参加し、統一地方選勝利を前面に「比例を軸」にすえた参院選躍進に向けての取り組みや議会活動を交流しました。

 後藤勝彦県委員長が5中総決定を踏まえ、「臨時国会も始まり党に熱い期待が寄せられている。宣伝で党の風を吹かせ、選挙勝利へ『ギアチェンジ』を」と呼びかけ。尾村利成、大国陽介の両県議が県議選に向けた決意を述べるとともに、県議会決算特別委員会で要求した医療や子育て、教育、雇用、農業など各分野における県内自治体の施策状況を報告しました。

0 コメント

2018年

10月

23日

県医労連が安心安全の医療・介護求めて県要請

 県医労連の森山篤士委員長ら7人が23日、県庁を訪ね、医療・介護現場での人手不足により勤務負担が増大している問題で、県に対し、労働環境や人手不足を改善するよう申し入れました。日本共産党県議団が同席しました。

 県の担当者は「国に対して実効性ある施策の充実が図られるよう引き続き求めていく。県としても自主的な取り組みをす

すめていく」と答えました。

 参加者は「ふらふらしながら働くこともある。本当にハードな仕事」、「勤務シフトを組むことさえ大変。休日もゆっくりできない」などの実情を訴えました。

0 コメント

2018年

10月

16日

党中国ブロック女性キャラバンが出雲市入り

 15日に山口県からスタートした日本共産党中国ブロック女性キャラバンが16日、島根県に入り、益田、浜田、江津、大田、出雲、松江、安来の各市で街頭宣伝を行いました。

 出雲市の商業施設前では、福住ひでゆき参院鳥取・島根選挙区予定候補、大国陽介県議、後藤由美市議が党女性後援会のメンバーと訴えました。

0 コメント

2018年

9月

19日

災害対策、子育て支援、介護現場の人手不足、学校エアコン、生活保護などをテーマに質問に立ちました

9月19日、県議会本会議で一般質問を行い、「県民の安全と安心を確保するための災害対策」「子育て支援の充実」「介護現場の人材不足と技能実習制度」「生活保護世帯の熱中症対策とエアコン設置」「学校の熱中症対策とエアコン設置」の4つのテーマを取り上げ、県執行部の姿勢を質しました。

 

※島根県議会のホームページより録画中継がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

2018年

6月

27日

「地震被害に備えた安全対策の強化と支援制度の充実」「憲法と住民自治の視点から考える原子力発電」「避難計画の実効性」「立地自治体並みの安全協定締結」をテーマに質問

 6月27日、開会中の6月定例県議会で一問一答質問に立ち、「地震被害に備えた安全対策の強化と支援制度の充実」「憲法と住民自治の視点から考える原子力発電」「避難計画の実効性」「立地自治体並みの安全協定締結」をテーマに論戦しました。

 傍聴にお越し頂いたみなさん、ありがとうございました。

 

※島根県議会のホームページより録画中継がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

2018年

2月

28日

格差と貧困をただす県政の役割、子どもの医療費助成、無期転換ルール、中海の漁業振興、高校生への支援、夜間中学の設置などをテーマに質問に立ちました

2月28日、県議会2月定例会の一般質問に立ち、「格差と貧困をただす県政の責任と役割」「憲法25条に基づく県民の生活保障」「子どもの医療費助成」「改正労働契約法に基く無期転換ルール」「中海の漁業振興と島根ブランド」「高校進学時と在学中の経済的支援」「夜間中学校の設置」をテーマに県の姿勢をただしました。

 

※島根県議会のホームページより録画がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

2017年

12月

01日

保育士の処遇改善、育休中の子どもの保育、学校エアコンの設置、地域の再生などをテーマに質問

12月1日、開会中の県議会11月定例会で一問一答質問に立ち、「保育士の処遇改善」「育休中の子どもの保育」「学校エアコンの設置促進」「学校の存続と地域の再生」をテーマに論戦しました。

 

※島根県議会のホームページより録画がご覧になれます。

島根県議会の中継・大国陽介

0 コメント

過去の記事一覧

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

前衆員議員

比例中国

大平よしのぶ