· 

インターチェンジの開通を前に交差点の安全対策を要求

3月17日、山陰自動車道の多伎・朝山間が開通します。この開通によって、国道9号線からのアクセス道路となる県道の交通量が増加することが予想されます。
地元住民からは、この県道と市道の交差点の安全対策を求める要望が行政に寄せられていました。
今日は、現場を警察本部、県土木部、出雲市役所、地元の方々とともに現地調査を行い、私からも早急な対策を求めました。
その結果、インターチェンジ開通までに注意喚起の看板を設置すること、新年度に入ってから道路標示や標識の視認性を高める改良などを検討することを約束してもらいました。
重大な事故が起こらないよう、十分な対策が講じられることを期待します。
コメント: 0