出雲市内の農業者と懇談

 大国陽介県議は7日と11日、出雲市内の農家や農産物加工会社などを訪ね、懇談しました。

 安倍政権はTPPの強行や企業の農地参入、種子法の廃止など、農業者の声には耳を貸さず、目先の利益を第一とする財界の言うままに、農業つぶしの暴走を続けています。

 5年前に兵庫県からIターンした柿農家の男性は「販路開拓など新規就農者ならではの苦労がある。行政が主催するIUターン者のネットワーク会議があるが、生産に追われ、参加できない人が多い。情報交流できる場があれば」などと語ってくれました。

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

前衆員議員

比例中国

大平よしのぶ