保育・介護の充実を求めて申し入れー福祉保育労組が県に要望

福祉保育労働組合島根支部は、12月19日、島根県に対し介護保険の充実と保育制度の拡充を求める要望書を提出し、支援策を充実させるよう求めました。

 

介護職員や保育士など35人が参加。尾村利成県議とともに交渉に同席しました。

 

特養ホームで働く介護福祉士からは「ケアマネージャーや施設管理者などの応援を受けてなんとか介護している状況です」と述べ、人員不足や過重負担で十分な介護ができない実態を語りました。県の担当者は「現状では介護職員が不足していると認識している。国に賃金の改善を求めるとともに、県として人材確保対策に取り組んでいる」と答えました。

 

保育職員からは「1歳児は発達差が大きくケガも多い。子ども6人に保育士1人の配置では安全に保育できない」「特に卵アレルギーの子供が増え、対応に手いっぱいの状態です」などと現在の職員配置基準では、十分な保育ができていない実態を語り、処遇改善や職員配置の充実を強く求めました。

 

『民主島根』より

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ