第48回全国保育団体合同研究集会に参加

池内さおり衆院議員とともに
池内さおり衆院議員とともに

8月20日~22日の3日間、第48回保育団体合同研究集会(合研・ごうけん)が松江市内で開催されました。全国から4000人をこえる保育関係者をはじめ、研究者、行政関係者など、幅広い職域からの参加者で熱気あふれる集会となりました。

 

21日に島根大学で行われた「保育制度フォーラム」に、尾村利成県議、岩田、吉井両秘書とともに参加しました。

 

「保育制度フォーラム」では、4人の研究者が報告。新制度の課題や特徴、待機児童問題、保育料の負担軽減、保育士の処遇改善、保育単価・公定価格など、制度が抱える課題や問題点が指摘されました。合研に参加し、今後の運動や議会論戦のポイントが浮き彫りとなり、大変勉強になりました。

 

「合研」の島根での開催は初めてとのこと。実行委員会のみなさんをはじめ、運営に尽力されたすべての皆様、ほんとうにご苦労様でした。お弁当も地元食材がふんだんに使用されていてとてもおいしかったです。

 

(写真・会場で出会った池内さおり衆議院議員とともに記念撮影)

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ