安保法制の発動を許すな!出雲市内で街頭宣伝

8月19日、安保法制=戦争法の発動を許さず廃止へ追い込もうと、出雲市内で街頭宣伝を行いました。宣伝には。大国陽介県議、井原優出雲市議、吉井やすみ秘書・市議予定候補が参加しました。

 

吉井やすみ市議予定候補は、「昨年9月に強行成立させられ、今年3月より施行となった安保法制=戦争法により、南スーダンに派遣されている自衛隊の任務拡大と武器使用拡大が行われようとしています。しかし、南スーダンの首都・ジュバでは7月に入り、大統領派と副大統領派の戦闘が勃発し、300人をこえる犠牲者が出ています。日本の自衛隊が『殺し、殺される』現実が目前に迫っています。安保法制=戦争法の発動を許さず、廃止させよう」と訴えました。

 

大国県議は「7月の参議院選挙は、市民と野党がとともに政治を変えるために本格的に共闘した初めての選挙となった。ここに未来への大きな希望がある。引き続き、国民と力を合わせ、安倍政権を退陣に追い込み、国民が主人公の新しい政治を切り開くために全力で奮闘する」と決意を述べました。

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ