立石雅昭新潟大学名誉教授が島根原発周辺の活断層について調査&講演

2月11、12両日、立石雅昭新潟大学名誉教授(地質学)とともに島根原発の構内や周辺調査を行い、尾村・大国両県議、松江市議団が参加しました。

 

立石教授とともに島根町や鹿島町の海岸を調査。教授は「波食棚をみると、約6000年前以降の地震活動で地盤が隆起したものと考えられる。この地域でも大きな地震が起こる可能性は十分にある」と指摘しました。

12日夜には、「活断層の新知見を読み解く」と題して講演会を開催し、約50名が参加しました。講演の中で立石教授は、「中国電力は歴史的に活断層の過小評価を繰り返してきた。先月も宍道断層の評価を25kmに延長したが、その科学的根拠は示されていない」と厳しく批判。また、「地震を引き起こしうる震源断層と活断層の関係については、まだ解明されていない。現時点で原発が安全だと主張するのは傲慢だ」と断じました。

 

国や電力会社が再稼働に向けての動きを加速させるなか、宍道断層東端の調査、宍道断層と鳥取沖断層の連動性の調査は不可欠です。県民の安全を守るため、徹底した調査の実施が求められています。(秘書・吉井)

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    山本 實(まこと)「原発の町 島根」 (火曜日, 05 4月 2016 20:04)

    立石教授の講演会に参加しましたが、大変に貴重なお話が聞けて良かったです。大国県議が言われるように、規制委員会は原発再稼働に完全に前のめりにて柏崎刈羽原発より先行して島根原発に力を注いでいます。その表れが宍道断層東端部調査の問題点を無視して西端部に注力する姿勢です。宍道断層東端部~鳥取沖西部断層間の詳細な調査を実施させることが島根原発を無くすために絶対条件であると思っています。4月3日のNHKスペシャルによる西日本地域のプレート分割境界部に山陰地域が完全に一致していること、先日、片寄市議が示されていた中電審査会合資料による地質調査所の断層が宍道断層と鳥取沖断層が完全に連続していること、また、「日本の断層マップ」(2010.12.15)(編著者:電力中央研究所関係者)には、宍道断層の延長は53㎞(大社~美保関地蔵埼)と明示されています。今後とも規制委員会に対して強く調査の実行を求める必要があります。

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ