TPP「大筋合意」を受けて現地調査

出雲市内の牧場にて
出雲市内の牧場にて

11月下旬、TPP「大筋合意」を受けて、出雲市内の牧場に伺い、お話をお聞きしました。

 

「円安の影響で飼料が高騰し、今でも経営は大変。政府はこのことをわかっているのか。TPPで先が全然見えない。一時的に対策はあるだろうが長期的にごまかされるような気がする」「輸出して成功できるのはごく一部だろう。頭にきている」など、政府に対する厳しい批判と強い不安の声をお聞きしました。

 

農業は島根の基幹産業です。島根県は中山間地域が多くを占めており、TPP参加となれば地域の経済や集落の維持にも大打撃です。調査を踏まえ、議会では、国に対して批准しないことを要求するよう知事に求めます。

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ