「安心の医療・介護の実現」をと島根県医労連が県に申し入れ

 10月20日、島根県医療労働組合連合会(医労連・佐野みどり執行委員長)が「安全・安心の医療・介護の実現と夜勤改善・大幅増員を求める要請書」を県へ提出し、健康福祉部長、担当課長らと意見交換しました。

 医療・介護現場で働く看護師や介護士らが夜勤2交替勤務の実態など職場の様子を紹介し、「労働環境の改善」、「医師や看護師、介護職員の大幅な増員」などを求めました。

 日本共産党からは遠藤秀和県政策委員長、尾村、大国両県議が同席しました。(秘書・吉井)

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ