「闘いを終わらせてはいけない」大平よしのぶ衆院議員を迎えて街頭演説会

 本日、日本共産党大平よしのぶ衆院議員を迎えての街頭演説会を、出雲市役所前にて行いました。

 国会を終えたばかりの大平議員は、国会の情勢を報告するとともに「戦争法は成立したが闘いを終わらせてはいけない。立憲主義が踏みにじられ、法治国家の土台が脅かされている。この異常事態を打開するためにも、国民連合政府の実現を」と訴えました。

 大国陽介県議は、「戦争法をきっかけに多くの政党、団体、個人や若者がつながった。この国民運動をさらに広げ、一日も早くこの法律を廃止に追い込もう」と呼びかけました。(秘書・吉井)

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ