戦争法案の廃案を求め共産・民主県民クラブが合同で街頭演説

戦争法案の強行採決に抗議の街頭演説
戦争法案の強行採決に抗議の街頭演説

 国会で戦争法案の審議が山場を迎える9月18日夕方、松江市の県庁前にて、日本共産党県議団と民主県民クラブは合同で街頭演説を行い、前日の委員会での強行採決に抗議すると共に、法案の廃案を求めました。

 大国陽介県議は党県議団を代表して、日本の将来を大きく変えてしまう戦争法案と、あくまで法案成立に固執する安倍政権の姿勢を批判。「国会での審議が進むほど法案の危険性が明らかになっている。多数の国民が反対の声をあげている戦争法案の強行採決は絶対に許されない」と訴えました。民主県民クラブからは、白石・角両県議が演説を行いました。

(秘書・吉井)

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ