市民への負担増と給付削減の一方で、議員の海外視察や大企業への多額の補助金ー出雲市の2015年度予算

 介護保険料の引き上げ(基準月額400円アップ)、福祉医療費助成の自己負担分の値上げ(住民税課税上限額1万円から2万円)や保育料の引き上げ(3子以降無料をやめて2分の1負担に)、コミセンの有料化や施設利用料の引き上げ…出雲市の新年度予算案は市民への負担増のオンパレード。一方で議員の海外視察に昨年に続いて100万円が計上。出雲村田製作所や島根富士通など、誘致企業へ約5億円の補助金が計上されています。

 地方自治体の役割は「住民の暮らしと福祉を守ること」にほかなりません。4日間にわたった予算特別委員会では、連日住民の立場で大いに論戦してきました。24日の最終日には本会議で討論に立つ予定です。最後まで市民の暮らしを守る立場で全力を尽くします。

 

(写真・予算特別委員会で発言する大国陽介)

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ