市民のくらし優先の市政への転換を求めて申し入れ

伊藤副市長に申し入れ書を手渡す小村吉一市委員長
伊藤副市長に申し入れ書を手渡す小村吉一市委員長
交渉にのぞむ参加者ら
交渉にのぞむ参加者ら

 5月24日、党出雲市委員会(小村吉一委員長)は長岡市長あてに「市民のくらしと福祉最優先の市政へ転換することをもとめる」申し入れ書を提出。斐川中央工業団地の新規造成計画の中止、国民健康保険料の引き下げ、介護保険の負担軽減とサービスの充実、子どもの医療費の中学卒業までの無料化、住宅リフォーム助成の拡充など、9項目を要望しました。

 対応した伊藤副市長は「最終的な目標は同じ。立場の違いはあれ議論する中で良いかたちになればと思う」とあいさつ。担当次長、課長らと意見交換しました。

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ