【たまには観光PR】出雲大社「平成の大遷宮」で大屋根の公開(既に終了)

 先日、少し早起きをして「平成の大遷宮」のため修理中の出雲大社へおじゃましてきました。なぜかといいますと、国宝でもある本殿の大屋根が間近に見学できるというからです。

 実は、私の自宅から出雲大社へは車で10分程の距離。中高生の頃、大晦日になると友人と一緒に自転車をこいで初詣に出かけたり、遠くからお客さんが見えると案内したりもして、今まで何度いったかわからないほど身近な存在です。

 その出雲大社が、現在60年に一度の「遷宮」を迎えていて、多くの時間とお金をかけて桧皮葺の屋根をはじめ、痛んだところが修理されています。次の「遷宮」は私は92歳、生きているかもどうか分からず、一生に一度あるかないかの一大イベントです。

 写真の後方部分に白い建屋が写っていますが、この中に本殿があり、今回、修造中の本殿が一般にも公開されました(今回の公開は29日まででしたのですでに終了)。なお、写真撮影禁止でしたので写真は当然ありません。

 20~30分かけて本殿を外から見学。その大きさと迫力、そして桧皮葺をはじめ職人技術のスゴさはまさに圧巻でした。もうじき本殿の改修が終わり、この白い建屋が解体されるとのことですので、きれいな大屋根がその偉大な姿をあらわすことになると思います。

 この機会にぜひ、出雲へお越しください。

(写真・出雲大社)

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ