これまでの記事一覧

2012年の記事

2012年

12月

17日

衆院選、日本共産党は8議席を獲得、引き続き頑張ります。

左より石村とも子比例候補、むこせ慎一島根2区候補
左より石村とも子比例候補、むこせ慎一島根2区候補

 16日に投開票が行われた衆議院選挙で日本共産党は全国で8議席を獲得しました。議席奪還を目指した比例代表中国ブロック(定数11)では、多くのご支援にもかかわらず残念ながら議席獲得には至りませんでした。

続きを読む

2012年

12月

05日

「市長の政治姿勢」「国民健康保険」「斐川中央工業団地』をテーマに質問しました

12年12月議会で質問に立つ大国陽介
12年12月議会で質問に立つ大国陽介

 12月議会では「市長の政治姿勢(消費税、TPP、原発、オスプレイ)」「国民健康保険の改善」「工業団地の新規造成は中止し、暮らし福祉充実の市政へ転換を」の3項目について質問しました。

(市長の政治姿勢(消費税、TPP、原発、オスプレイ)

 「消費税が増税されれば、市民生活、中小業者の経営に大きな打撃となり地域経済への影響も計り知れない」と指摘し、「消費税に頼らない別の道がある」と日本共産党の提案を紹介。消費税の増税に反対の立場をとることを求めました。これに対し市長は「低所得者や中小企業に対しての配慮が課題」との認識を示すものの、「引き上げにあたっては経済状況の判断など国の動向を注視していく」と答弁。消費税の増税に容認の立場を示しました。

 さらに、「原発ゼロ」の決断を求めたのに対し、市長は「今この段階で私が出雲市長という立場で原発ゼロにという直接的な発言はできない」と答弁。TPPについては「様々な影響が出る中、参加の表明等、大変遺憾に思う」、オスプレイの配備については「市民への危険があると認められる場合には国に情報提供と善処を求めたい」と答弁しました。

(工業団地の造成は中止し、市民のくらしと福祉守る市政へ転換を)

 市内に未利用の工業用地が9.5ヘクタール残っているなか、出雲市は工業団地の新規造成に着手しています。(総事業費32億円)出雲市をはじめ県内各地には売れ残りを多く抱える工業団地が多くあることや、破格の優遇措置で大企業を呼び込もうとする手法について指摘。「財政難を口実に障がい者福祉タクシーの対象者切り捨てや介護保険料、上下水道料金の値上げ、市営住宅駐車場の有料化など福祉切り捨ての一方で来るあてもない工業団地の造成に32億円もの税金を投入しようとしている」ことを強調し、「市民のくらしと福祉を守り充実させる市政」へと転換するよう求めました。

2012年

10月

05日

イオン増床、住宅リフォーム助成、国保などで市長と交渉

長岡市長に申入書を手渡す出雲民商の金山会長
長岡市長に申入書を手渡す出雲民商の金山会長

 4日、出雲民主商工会(金山政史会長)は出雲市の長岡市長に対し、住宅リフォーム助成制度の拡充、小規模工事業者登録制度の改善、イオンの増床計画の見直しと出店規制のための条例の制定、国民健康保険の運用改善などを申し入れました。井原ゆう市議とともに申し入れに同席しました。

続きを読む

2012年

9月

06日

「子育て支援の充実」「堀川の遊漁船係留」「空き家対策」をテーマに質問しました

質問に立つ大国陽介、議会事務局撮影
質問に立つ大国陽介、議会事務局撮影

 9月5日、9月定例議会の一般質問に立ち、「子育て支援の充実」「堀川の遊漁船係留」「空き家対策」の3つのテーマを取り上げ、市の姿勢を質しました。特に子育て支援の充実を求める質問では、保育料の負担軽減、子どもの医療費の無料化の拡大、不妊治療費助成制度の拡充を求めるとともに、子ども子育て新システムの問題点を指摘しました。

2012年

9月

02日

「原発ゼロ1000人集会」ー1300人の参加で大盛況!

キッズコーナーも盛況
キッズコーナーも盛況

 9月2日、松江市のくにびきメッセで行われた「原発ゼロ1000人集会」に参加してきました。会場は県内外から集まった参加者でいっぱい。親子での参加も多く、キッズコーナーも大盛況でした。

2012年

7月

09日

大社町の鵜鷺地区へ。懐かしい景観と精力的なまちおこし

鷺浦コミセンにて
鷺浦コミセンにて

 9日、石村智子衆院比例候補、むこせ慎一島根2区責任者、萬代ひろみ県議、後藤勝彦地区委員長、K党大社支部長とともに大社町の鵜鷺(うさぎ)コミュニティーセンターを訪れ、「うさぎ元気な会」のまちおこしの取り組みを伺うとともに、鷺浦(さぎうら)地区の古くから残る町並みやあらめの加工現場などを視察させていただきました。

続きを読む

2012年

6月

13日

税・保険料の滞納者に対する対応、スケボー・BMXを含むスポーツ振興などで質問

質問する私、議会事務局提供
質問する私、議会事務局提供

 6月13日、本会議にて一般質問に立ちました。今回取り上げたテーマは、「税・保険料の滞納者に対する対応」「同和事業の終結を」「通学路の安全対策」「スケーボー・BMXを含むスポーツ振興」の4項目。

 これまでの60分から45分へと時間が制限される中での質問でしたが、特に「滞納者への対応」の質問では、この間寄せられた相談や告発の手紙などをもとに、事実に基づいた生々しい質問をぶつけることができました。不況にあえぐ中小業者に対し「いつでも差し押さえできる」と迫るなど、市役所の異常な取り立ての実態に市長も驚いた様子で「誠に遺憾」と答弁しました。

 市民の立場に立った親身な対応へと改善を期待するとともに市役所が住民自治の機関にふさわしい役割を果たすよう、今後も注視していきます。

「スケボー・BMXを含むスポーツ振興」の質問は、近くに住む高校生から寄せられた「近くにスケボー場が欲しい」との意見や、同級生からの「BMXが気兼ねなくできる場所が欲しい」との声をもとに質問しました。特にBMXについては「必要性を含めて検討」と、今後につながる答弁を引き出すことができました。

 

続きを読む

2012年

5月

13日

総選挙勝利へ!日本共産党演説会in出雲・朱鷺会館

右より、宮本たけし衆院議員、石村とも子比例中国、むこせ慎一島根2区
右より、宮本たけし衆院議員、石村とも子比例中国、むこせ慎一島根2区

 5月13日、宮本たけし衆院議員、石村智子比例中国ブロック、むこせ慎一島根2区責任者を弁士に「日本共産党」演説会を開催しました。会場いっぱいの参加者で会場は熱気に包まれました。迫力とユーモアたっぷりの宮本衆院議員、フレッシュな石村智子さんとむこせ慎一さん。ともに頑張る決意を新たにしました。

2012年

5月

08日

匿名にてお手紙を頂きました

5月7日消印の封書にて匿名のお手紙を頂きました。

内容は市が支出している補助金や市の施策についてのご指摘で、大変重要なお手紙であると認識しました。

文章中に「ブログを見ている」旨の記述がございましたので今回の記事にてお礼に代えさせていただきます。ありがとうございました。今回ご指摘いただいた件は、事実関係を調査の上、議会での対応を考えたいと思います。 

なお、秘密は厳守いたしますので一度お会いしてお話を伺うことができればと思います。

 

2012年

4月

16日

日本共産党青年キャラバンカーが出雲にやってきた

右より、岩田さん、むこせ慎一さん、石村智子さん、私
右より、岩田さん、むこせ慎一さん、石村智子さん、私

 16日、党中央委員会の「青年キャラバンカー」が石村智子(衆院比例中国ブロック)さんとともに出雲市へやってきました(しかも運転手つき・・・)。好天に恵まれたこの日は、青年・学生後援会の岩田さん、むこせ慎一島根2区国対責任者とともに出雲市内各所でハデに街頭宣伝。近づく解散総選挙、絶対に負けられません!

2012年

4月

11日

ご入学、ご入園おめでとう!

市立長浜小学校にて
市立長浜小学校にて

 新しい季節を向かえ、いかがお過ごしでしょうか。

 10日は長浜小学校と浜山中学校の入学式に、11日は長浜幼稚園の入園式にお招きいただき参加してきました。いつもなら桜が散った後が多いのですが、今年は満開の桜が新一年生を迎えていました。 

続きを読む

2012年

3月

23日

介護保険料、水道料金、障がい者福祉タクシーなど、負担増と給付減のオンパレード

討論に立つ大国陽介
討論に立つ大国陽介

 3月23日に最終日を迎えた2月議会。新年度の予算を審査する一年の中でも特に重要な議会ですが・・・、介護保険料の大幅値上げ(基準額4450円から5420円へ)、上水道料金の引き上げ(一般家庭で12%程度)、障がい者福祉タクシー制度への所得制限の導入で対象者656人の切り捨て、コミセンへの予算削減・・・。市長はとにかく「財政難」を口実にして次々と大切な予算を削りました。

 この一方で、来るあても無い企業のために工業団地の造成(15〜30億)に着手するという。

結局、多くの問題を抱えた予算だったにもかかわらず、自民党系議員などの賛成多数で可決(しかも予算案に対する賛成討論は一人も無し)。情けない気持ちにさえなってしまいます。

 市民からは「出雲市は障がい者に冷たいまちなのか」「いまどき工業団地の造成だなんて考えられない」こんな失望の声が寄せられています。

福祉を削る一方で大型開発。こんな市政でいいはずがありません。引き続き、市民のみなさんと力を合わせて市民の暮らしを守るために全力でがんばる決意です。

 

2012年

3月

11日

ノーモア・フクシマ〜どうする島根原発!〜3・11集会

会場いっぱいの参加者
会場いっぱいの参加者

東日本大震災から一年。この日は松江市内で開かれた「どうする島根原発」の企画に参加してきました。

集会では、浪江町の県立高校の先生、原発運転差し止め訴訟に関わっておられる弁護士、島大の教授の3名の方からの報告がありました。

なかでも、県立高校の松本先生の最後の言葉は痛烈に頭に焼き付きました。

「10月20日の一時帰宅のときは屋根の損壊や落ち葉の堆積により放射性物質を含んだ雨漏りが起きていた。畳、柱や天井にカビが生えてきた。天井や畳も線量が高くなり屋内全体が放射線に汚染されてきた。除染して元に戻る状態ではない。子どもや孫と一緒に住める環境ではない、楽しかった浪江に家族一緒に二度と戻れない、家族みんなの思い出も故郷も無くなってしまった。故郷を元に戻してくれ、故郷を返してくれ」

原発がひとたび事故を起こしてしまうとその被害は計り知れないと言うことを痛感させられました。もはや言葉では表現しようもありません。

岡崎弁護士、上園教授の報告も勉強になり、原発からの撤退こそ決断すべきと強く感じさせられました。

(写真・当日の様子)

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

02日

パラオ(協同組合出雲ショッピングセンター)が自己破産を申請

出雲市で「パラオ」と言えば、小さい頃の楽しい記憶を思い出す方は多いはず。私も小学生の頃、子どもだけでバスに乗って映画を見に行ったこと、中高生の頃に土曜夜市へ行ったこと、たまり場としても利用(?)していたことなどを今でもはっきりと覚えています。青春の場所といえば言い過ぎでしょうか。

そのパラオ(協同組合出雲ショッピングセンター)が2月29日、自己破産を申請しました。負債総額は13億5600万円とのことです。

郊外型のスーパーやディスカウントストアが相次いで出店てきたことに加え、超大型店「ゆめタウン出雲」の進出が顧客の減少に拍車をかけたことは間違いないことでしょう。

「ゆめタウン出雲」の進出計画が明らかになってからは協同組合の方々とは何度となく意見交換と懇談を重ねました。議会で何度も出店問題を取り上げました。しかし、当時の市長は「共存共栄できる」と断言し、ついに出店にゴーサイン。保守系を中心に議員の多くもこれに同調しました。

今回「共存共栄」があり得ないことがこのような形で証明されてしまいました。とても残念です。今日、破産申請後はじめてパラオへ行き、組合の方からお話を伺うことができました。前市長や議会へ対する批判とともに今後の不安の声などが寄せられました。

それぞれの店舗は既に閉店、あるいは大幅割引で店じまいセール中、片付けに追われるなど、普段とは明らかに違う雰囲気で、慌ただしい中にも言いようのない寂しさが感じられました。

パラオの倒産は、今後の中心市街地のまちづくりに大きな影響を与えることが予想されます。行政当局にはその責任にふさわしい対応を求めます。

(写真・パラオの看板、屋上駐車場より)

続きを読む 0 コメント

2012年

3月

01日

【たまには観光PR】出雲大社「平成の大遷宮」で大屋根の公開(既に終了)

 先日、少し早起きをして「平成の大遷宮」のため修理中の出雲大社へおじゃましてきました。なぜかといいますと、国宝でもある本殿の大屋根が間近に見学できるというからです。

 実は、私の自宅から出雲大社へは車で10分程の距離。中高生の頃、大晦日になると友人と一緒に自転車をこいで初詣に出かけたり、遠くからお客さんが見えると案内したりもして、今まで何度いったかわからないほど身近な存在です。

 その出雲大社が、現在60年に一度の「遷宮」を迎えていて、多くの時間とお金をかけて桧皮葺の屋根をはじめ、痛んだところが修理されています。次の「遷宮」は私は92歳、生きているかもどうか分からず、一生に一度あるかないかの一大イベントです。

 写真の後方部分に白い建屋が写っていますが、この中に本殿があり、今回、修造中の本殿が一般にも公開されました(今回の公開は29日まででしたのですでに終了)。なお、写真撮影禁止でしたので写真は当然ありません。

 20~30分かけて本殿を外から見学。その大きさと迫力、そして桧皮葺をはじめ職人技術のスゴさはまさに圧巻でした。もうじき本殿の改修が終わり、この白い建屋が解体されるとのことですので、きれいな大屋根がその偉大な姿をあらわすことになると思います。

 この機会にぜひ、出雲へお越しください。

(写真・出雲大社)

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

29日

「障がい者福祉タクシーへの所得制限導入の撤回」「島根原発」「自治基本条例」などで質問に立ちました

質問する大国陽介、議会事務局提供
質問する大国陽介、議会事務局提供

 29日、2月定例会の一般質問に立ち「障がい者福祉タクシーへの所得制限導入の撤回」「島根原発からの撤退」「自治基本条例について」などについて質問を行いました。25分という限られた時間ではありましたが、市民から寄せられる声も紹介しながら市長はじめ市の姿勢をただしました。

2012年

2月

18日

5歳児健診の実施に向け「モデル事業」予算化

 新年度予算案に「幼稚園児発達相談モデル事業」が新たに盛り込まれました。

 説明書では「出雲市での効果的な4〜5歳児健診の実施方法等を検討する」ことを目的に、市内2カ所の市立幼稚園にて発達相談(健診)を実施するとのことです。

 また、関係機関の実務者(例:健康増進課、子育て支援課、学校教育課、幼稚園代表など)により実施方法や事業の検証を行うとしています。

私は、保育園の関係者から寄せられた声をもとに、昨年の9月定例会の一般質問で「5歳児健診の実施」を求めていましたが、新年度より実施に向けて動き出すことになりました。

 

2012年

2月

12日

県政・市政報告会を開催しました

 12日、ビッグハート出雲にて、県政・市政報告会を開催しました。萬代ひろみ県議が福島原子力災害の視察と島根原発の問題点について報告。市議の小村、井原、大国は、原発、福祉タクシーの対象者切り捨て、学校再編問題、自治基本条例など、市政の課題をそれぞれ報告しました。当日は多くの方にご参加いただき、様々な意見もお寄せいただきました。

(写真・報告する大国)

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

02日

「障害者福祉タクシー見直し」所得制限で利用者600人切り捨て

障がい者福祉タクシーの見直し案
障がい者福祉タクシーの見直し案

 出雲市では、障がいを持つ方への外出支援の一環として「福祉タクシー事業」が実施されてきました。この間、少しずつ対象者の範囲が広げられるなど、改善が図られてきましたが、事業仕分けで「要改善」と判定されてきたことなどを口実に、来年度から所得制限が設けられ、利用者が大幅に切り捨てられることになります。

続きを読む

2012年

2月

02日

小中学校の統廃合計画に批判続出

先日、学校再編計画をめぐって、市内稗原地区の自治協会の役員の皆さんと意見交換をおこないました。

再編計画では、市内に42校ある小学校を28校へ、16校ある中学校を15校へ、30園ある公立幼稚園を26園へと大きく再編することが盛り込まれています。以下、素案より。

続きを読む 0 コメント

2012年

2月

01日

出雲市自治基本条例の原案が発表されました

 31日、市議会全員協議会が開かれ、これまで市民懇話会などで検討が進められてきた「出雲市自治基本条例」の原案が示されました。

続きを読む 0 コメント

2012年

1月

27日

島根原発2号機の停止にあたって中国電力へ申し入れ

 27日、島根原発2号機が定期点検入りのため停止されました。これに合わせ中国電力と島根県に対し原発からの撤退などを求める申し入れを行いました。

続きを読む

2012年

1月

26日

福島県(福島市、南相馬市、飯舘村)にて原子力災害の調査

続きを読む

2012年

1月

18日

工業団地の造成に15億円とは・・・

余っているのに・・・
余っているのに・・・

 斐川中央工業団地開発計画(案)が発表され、今後、造成工事などで約15億円を投入する計画が明らかになりました。来年度、新たに文化財課の職員を新たに採用し、文化財調査を早急に進め、2014年10月からの分譲を予定しているとのことです。

 

続きを読む

2012年

1月

13日

衆院比例中国ブロック候補の石村智子さんを紹介します

石村とも子さん
石村とも子さん

写真の女性は、日本共産党の次期衆院選比例中国ブロックの候補者(予定)、石村智子(いじむら・ともこ)さんです。石村さんは、1975年生まれ、岡山県岡山市出身。園芸会社勤務の後、日本民主青年同盟の専従などを歴任し現在党岡山県委員会国民運動委員長を務めています。

高校時代は、応援団に入ってチアリーダーとしても活躍し、甲子園のアルプススタンドにも立った経験があるとのこと。中林よし子元衆院議員の後をついで今後の活躍が期待されています。

みなさまのご支援よろしくお願い致します。

ブログも随時更新されています。是非ご覧下さい。日本共産党*石村智子活動日誌

続きを読む 0 コメント

2012年

1月

08日

地元、長浜地区の新年賀会に参加

 7日、地元長浜地区の新年賀会が長浜コミニュティーセンターで開催され、地元議員の1人として参加させていただきました。写真は西園保育園の園児による力強い太鼓。

 参加者の皆さんと新年のあいさつを交わすとともに、現在の情勢等について意見交換。「民主党はダメ、だからと言って自民党に戻ってもらっても・・・」との言葉が次々と寄せられました。

 私は、会の最後に出番を作っていただき、万歳三唱の音頭をとらせていただきました。地元の皆さん、どうか今年もよろしくお願い致します。

続きを読む 0 コメント

2012年

1月

05日

萬代ひろみ県議、小村、井原両市議とともに新春街頭宣伝

 1月4日、恒例の新春街頭宣伝を萬代ひろみ県議、小村吉一市議、井原優市議とともに市内各所で行い、新年に当たっての決意表明をおこなうとともに、来るべき総選挙での支援を訴えました。

(写真・出雲市駅通りにて)

続きを読む 0 コメント

2012年

1月

02日

新しい年を迎えました、本年もよろしくお願いします

(写真・1月2日の大社町神門通り)
(写真・1月2日の大社町神門通り)

新しい年がはじまりました。本年もどうかよろしくお願い致します。

昨年は東日本大震災、福島原発の原子力災害・・・忘れられない年となりました。今の社会のあり方がこのままでいいのか、根本から問われる時代に入ったことを痛感した一年でもありました。

今年一年が、政治の転換点となり、新しい社会の幕開けとなるよう全力を尽くす決意です。

2012年1月1日 大国陽介

続きを読む 0 コメント
党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ