政治には、人々のくらしを守るかけがえのない役割がある。政治には、人の命がかかっている。秘書時代に学んだこのことが、私の議員活動の原点です。

2015年5月、臨時議会初日受付にて議員バッジを付けてもらう
2015年5月、臨時議会初日受付にて議員バッジを付けてもらう

大国 陽介(おおぐにようすけ)

  • 1980年1月生まれ、荒茅保育園、出雲市立長浜小学校、市立浜山中学校、島根県立大社高等学校、島根大学生物資源科学部地域開発科学科(農林システム工学)卒業
  • 2002年、島根三洋工業(株)入社、技術部技術課に配属
  • 2003年、日本共産党尾村利成県議会議員(松江市選出)秘書
  • 2005年、出雲市議会議員に25歳で初当選 、2009年、2013年再選
  • 2015年3月、市議会議員を辞職
  • 2015年4月、県議会議員選挙出雲選挙区に立候補し初当選
  • 現在、建設環境委員会に所属、日本共産党島根県委員、党中部地区副委員長
  • 家族は妻と5人の子、長浜小PTA副会長、出雲市認可保育所(園)保護者会連合会理事などを歴任
  • 趣味は庭いじりとメダカの飼育

 

明るく元気な少年時代、文集に「共産党に入る」

父知行、兄圭介とともに日御碕の海水浴場にて
父知行、兄圭介とともに日御碕の海水浴場にて

 日本共産党員の両親を見て育ち、小学校の卒業文集には「共産党に入って世の中を変える」と書き、担任の先生を驚かせたことも。大学に進み、平和運動や自然環境の保護を求める活動に参加するなかで「社会のために何かしたい」と、日本共産党に自らの意思で入党しました。

学生時代のアルバイト、ねばり強さに定評

得意のチャーハンを調理中
得意のチャーハンを調理中

 学生時代の4年間、ファミリーレストランでアルバイト。調理の腕とねばり強さには定評がありました。大学卒業後は島根三洋工業(現島根三洋電機)で携帯電話やパソコンなど、最先端の仕事に関わり、やりがいを感じながら働きました。

県議の秘書時代に学んだこと

2004年12月、尾村としなり県議と控室にて
2004年12月、尾村としなり県議と控室にて

 尾村利成県議の秘書時代に「日本共産党の議員は他の議員とは違う」と実感。3つのことを学びました。一つは、問題があればすぐに現地へ行き、自分の目で見、声を聞く。二つに、解決のために住民と力を合わせてとことん頑張る。三つに、いつでも住民の立場をつらぬく。

25歳で初当選!議席の重み感じて

2009年、初めての選挙で
2009年、初めての選挙で

 2005年、合併後初の市議選に立候補し当選。「若いのに大丈夫か」との声をよそに奮闘。この間の活動にもベテラン議員からも「ようがんばる。さすが共産党だ」の声が。「住民が主人公」をモットーに頑張る日々です。

結婚。家族を守る父親の自覚に立って

自宅庭にて
自宅庭にて

 仁美さんと結婚し、今では5児の父親となりました。

 家庭のあたたかさを実感すると同時に、社会の矛盾や子育て支援の大切さを一層感じるようになりました。夢と希望の持てる社会へ、責任の重さも痛感しています。

震災被災地でのボランティア活動

2011年11月、岩手県宮古市にて
2011年11月、岩手県宮古市にて

 大津波で被災した岩手県宮古市にてボランティア活動。被災した地域で要望をお聞きしながら一軒一軒訪問し、衣類や毛布、さつま芋などを届けました。津波の恐ろしさとともに、人々のつながりの大切さを痛感しました。

市政のチェック役としてー「出雲阿國座」「議員の海外視察」中止に

08年11月、「出雲阿國座」の中止を求める署名を提出
08年11月、「出雲阿國座」の中止を求める署名を提出

 行政のチェック役としての力を発揮、「税金のムダ使い」と市民から批判のつよかった「出雲阿國座(歌舞伎劇場)」の建設と「議員の海外視察」を住民運動と一体で署名活動にも取り組み、ついに中止に追い込みました。「市民の力で政治が動く」ことを肌身で感じた瞬間でした。

安心して暮らせるまちへー農地復旧の負担金をゼロに。「住宅リフォーム助成」継続

06年豪雨災害ではすぐに被災地へ(佐田町)
06年豪雨災害ではすぐに被災地へ(佐田町)

 06年7月の豪雨災害では、真っ先に被災地に駆けつけ、ボランティアを組織。議会でも被災者支援を繰り返しとりあげ、農地復旧について農家の分担金が全額免除されることに。

 事業縮小がねらわれた「住宅リフォーム助成」の継続と充実を住民と力を合わせて実現しました。

若者の声を市政へー雇用の相談窓口「ジョブステーション出雲」が開設

08年8月、雇用問題などで青年とともに申し入れ
08年8月、雇用問題などで青年とともに申し入れ

 初めての議会質問で「将来の担い手が育たない、定住できない、少子化に歯止めがかからないなど多くの問題に波及する」と青年をはじめとする雇用対策の強化を迫りました。

 06年8月、雇用相談窓口「ジョブステーション出雲」が開設。相談や職業紹介など、多くの実績をあげています。

くらし福祉の充実をー国民健康保険料引き下げ 就学前まで医療費無料に

市議会では毎回欠かすことなく質問に立ちました
市議会では毎回欠かすことなく質問に立ちました

 「市民のくらしと福祉の充実」をめざし、住民とともに行動。子どもの医療費助成の拡充や不妊治療への助成、公園遊具の修繕、5歳児健診(モデル事業)などが実現。子育て支援に全力をあげています。

 また、「高すぎて払えない」国民健康保険料の問題を議会で繰り返しとりあげ、2.6%の引き下げを実現しました。

 

困ったときは大国さんー市民に身近な「くらしの相談相手」として

大国議員のもとには多くの相談が寄せられます
大国議員のもとには多くの相談が寄せられます

 「収入が少なくて生活していけない」「税金が払えなくて困っている」「ヤミ金に追われている」など、大国議員のもとには市内外から多くの相談が寄せられます。

 「困ったときは共産党の大国さん」と頼りにされる、まさに市民に身近な「くらしの相談相手」です。

2015年4月県議会議員に初当選ー県民のくらしと命、ふるさとを守る議席

選挙後初めての「臨時議会」にて
選挙後初めての「臨時議会」にて

 勇退する萬代ひろみ県議(当時)の後を受け、2005年4月から10年間務めた出雲市議を辞職。7559票(定数9・7位で当選)を獲得し、県議会議員に初当選。多くの方に支えられながら、尾村利成県議(松江市)と共に県民のくらしと命、ふるさとを守る議席として奮闘中です。

党中央hp
www.jcp.or.jp
日本共産党カクサン部!
日本共産党カクサン部!

日本共産党

衆院議員

比例中国

大平よしのぶ